なめろう

 手間ランク【C】

おつまみ簡単レシピ

・しょうが30g

・長ネギ1本

・大葉25枚

・青とうがらし1パック(16本)

・あわせ味噌150g

・ゴマ油大さじ1

・梅干し2個

・酒大さじ1と3分の1

・みりん大さじ1と3分の1

・さとう小さじ2

ぶり刺身(一人分3切程)

・味噌と酒、みりん、砂糖をボールで泡だて器で合わせ、鍋に移して極弱火にしてゴムベラで練る。沸々しだしたら火を止めて余熱でさらに10秒練ってから冷ます。

・薬味(しょうが、青唐辛子、長ネギ、大葉)をみじん切りにして、鍋にごま油を敷いたら、大葉以外を水分が飛ぶまで弱火で炒める。その間、大葉は水に浸しておく。

薬味の水分が飛んだら、大葉を加え、冷めたら味噌と梅干しの刻みを混ぜ合わせて“なめろう”の出来上がり。

手間ランク【C】に表したように少し手間はかかるが、これだけ作れば2週間冷蔵庫で保存がきく。しかも約10人分、色々な魚介に合わせれれる

冷奴に合わせても美味しい!

ぶりは細切りにして、食べる前に大さじ1杯の“なめろう”と和える。

なめろうは他にも、王道のアジ、白身の鯛他、イカやホタテ等何でも合わせられる。

ブリのなめろう 編

イカのなめろう 

鯛のなめろう 

なめろうは酒飲みの”あて”

生酛系や吟醸以外の純米系で合わせてほしい!

四国の面白い酒 三芳菊 WILD-SADE

お薦めランク【☆☆☆☆】

南国四国にも美味しい酒が多々ある。

その中でも、少し個性のあるお酒をご紹介

ラベルを見るだけでも興味がそそられる

その名も WILD-SIDE

無濾過生原酒 限定袋吊り

アルコール分 15度

原材料 米・米麹

播州山田錦等外米全量使用

三芳菊酒造株式会社

徳島県三好市池田町サラダ1661

このお酒は徳島酵母を使用し強い香りに負けない味、酸味を出すため、温度を高く仕込み、麹を溶かして酸度を引き上げているらしい。

一番特徴的なのは、本格的な仕込みにも関わらず外米の山田錦を使用しているため

法的には特定名称を名乗れず、純米酒ではなく普通酒の扱いであることだ。

しかしながら味はフルーティーで、パインの香りと含み香があり味にしまりもある。お試しの価値のある一品である!