【日本酒の種類】

酒類の定義や分類方法については、酒税法という法律で規定されていて、分類上 ”全9種類” の日本酒がある

日本酒にはお米の精米歩合や原料などの条件を満たした「特定名称酒」8種類あり、ラベルに記載されている

上記表以外にも「農産物検査法によって、3等以上に格付けされた米を原料に使っていること」「添加する醸造アルコールの量が、使用する白米の総重量の10%以下であること」「麹米の使用割合が15%以上であること」などの基準があり、

この3つの基準から1つでも外れている場合は、いかに美味であろうが「特定名称酒」を名乗れない

これが残り1種類の「特定名称外の酒」であり普通酒と呼ばれている

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中