名君の名 鍋島

お薦めランク【☆☆☆☆☆】

少し前までは、日本酒といえば十四代と言われていた。勿論、今も十四代は日本を代表する名酒だろう。しかし、最近は色々な蔵元から優れたお酒が開発され、甲乙つけがたいものも多い。ただ、近年で日本を代表するお酒の一つと言ったら、間違いなくこの鍋島だと思う。

山田錦を使用したお酒は星の数ほどあるけれど、これほどまでに山田錦を美味しく仕上げたお酒は、なかなか見当たらない。

・商品名 鍋島 純米吟醸 山田錦 三十六萬石 生酒

・原材料:米・米麹

・使用米:山田錦

・精米歩合:50%

・アルコール分:16度

・杜氏:飯盛直喜

富久千代酒造有限会社
佐賀県鹿島市浜町1244-1                      

上品な香りと甘みで万人に愛される味わい。そして、一口飲んだら芳醇な果実香と柔らかな旨味が絶妙なバランスで口の中に広がる。

けれど、ただジューシーなだけではなく、旨味とキレも程よく有り、絶妙のバランスに仕上がっている。

特に生酒は繊細な気がするが、火入れも是非味わってみたい。

これほど完成度が高くてバランスが良く、しかもこの出来にしてお値段がリーズナブルときたら、次のお酒に悩んでしまう。それくらい断トツに美味しいと言っても過言ではないだろう。

食前酒にも食中酒でも、食後の口直しにでも飲める。そして日本食全般に、また洋食にも合わせられる。

日本酒の奥深さと、実力を見せつけられた逸品である。