甲賀の美味 三連星

日本酒ランク【☆☆☆☆】

鈴鹿山系の伏流水を仕込み水に、絞ったお酒を直ぐに瓶詰めした鮮度抜群の生原酒。三重県に名酒が多くあるように、水口は鈴鹿山系を挟んで西側に位置し、鮮度を売りにした銘柄が多いように思う。

三連星でも、特にこの銘柄は主張が強く、是非洋風の料理と合わせてほしい。

商品名:三連星 無濾過生原酒 直汲み 純米酒吟吹雪

原材料:米・米麹

精米歩合:60%

使用米:滋賀県吟吹雪100%使用

アルコール分:16度

日本酒度:+4.8

酸度:1.7

仕込み水:鈴鹿山系野洲川伏流水

美冨久酒造株式会社

滋賀県甲賀市水口町西林口3-2

お酒をしぼった先から直ぐに瓶詰めする事で抜群の鮮度を誇り、醗酵ガスがピチピチと口中に広がる発砲感がたまらない。

純米吟醸のタイプより、このシリーズの方がよりこのお酒の特徴が出ており、バランスが取れている思う。果樹の芳香に始まり、含みの酸味や米の旨味を、この発砲感がうまく包んでくれている。そして、ほどなく切れてゆく。生酒の良さを引き出しているお酒である。

いい意味で、日本酒本来の飲み口を裏切りつつ、刺激的かつ美味しい酒であると思う。パスタ料理、オリーブオイルを使った料理、チーズ等乳製品も合わせやすい。勿論、魚料理、肉料理にも十分いける。

白ワイン好きのあなたに、是非この三連星と飲み比べてほしい!!

          

豚肉の色々しそ巻き

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

 (4人分)

・豚のバラ肉 340g

・大葉 18枚

・梅干し 1個

・ワサビ 少々

・合わせみそ 小さじ1

・チーズ 小さじ2

まな板にサランラップを敷き、豚肉を大葉2枚分幅に並べ、大葉を交互に4枚づつ豚肉の上に置く。(それを各4種類分 用意する)

    【チーズ巻き・味噌巻き】

   【ワサビ巻き・梅巻き】

サランラップで豚肉をきつめに巻き上げる

もう少し強く巻いても大丈夫!

六等分して、具はお好み別に串にさして塩コショウを少々ふっておく。具にそれぞれの薬味がついているので塩コショウはかけ過ぎない!

以上で下準備OK。後は食べる前にフライパンに油を入れて焼く。

【焼きコツ】弱火で、切り口を炒め面に向ける。焦げ目がついたら反対にひっくり返す。

豚肉の色々しそ巻き の完成

居酒屋にいる気分で、ビールやハイボールで召し上がれ!

ぐいぐいとアルコールが進む ❕

復興の証 AKABU

日本酒ランク 【☆☆☆☆】

岩手盛岡に新進気鋭の酒蔵がある。

もともとは岩手県大槌町にあった赤武酒造。しかし東日本大震災で蔵が完全流失し、2013年に盛岡市内に新しい醸造蔵を建て完全復活を遂げた蔵である!

ここは若き杜氏「古館龍之介」を中心に志ある若き社員達が一致団結し、新たな日本酒を醸している気鋭の蔵なのである。

商品名:AKABU 純米吟醸

原材料:米・米麹

精米歩合:50%

アルコール度数:15度

赤武酒造株式会社

岩手県盛岡市北飯岡1-8-60 

このお酒は、上立ち香の豊かさが特徴である。また、吟醸で有りながらまるで大吟醸ののような香りと、ほんのり甘く、飲み干すとゆっくりとキレる感覚は、優雅で豊かである。

無骨なイメージを受ける赤武というネーミングとデザインとは相反する、優しい味わいである。

このお酒は、若いスタッフの意気込みと、新しい繊細な感覚が醸した、新進気鋭の作品である。

この飲み口の良さと、すっと切れていく酸の爽やかさは間違いなく女性に受ける味だと思う。勿論、老若男女万人に受けるであろう。

これから、さらに洗練され日本有数の酒蔵になること想像に難くない。

AKABU 万歳!!

梅とワサビのお茶漬けスパ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

・スパゲッティ 100g×3

・梅 3個

・ワサビ薬味 大さじ6 (お好みによって)

・永谷園のお茶漬け 1袋

・大葉 2枚

・もみのり 少々

・オリーブオイル 多め

  おなじみの永谷園と薬味ワサビ風味

大きめのボールにオリーブオイル(大さじ5)をひき、細かくすりつぶした梅3個分をを入れる。その上から湯掻いたスパゲッティーを、サッと湯をきり素早くボールに移す。さらに、お茶漬けのもとと、ワサビ薬味を投入しよくかき混ぜる。

お皿に盛り付けたら、大葉の刻みともみ海苔を上に乗せ、出来上がり

コツ:スパの湯切りは、水分を多めに残した状態でボールに移す。湯切りし過ぎるとパサパサになってしまう』

手間いらず、いつでも簡単、かつ美味しい。

主食は勿論のこと、梅やワサビが利いてビールや酎ハイ、日本酒のおつまみとしてもいける!!

THE男の簡単料理である。

館林の ロゼ

日本酒ランク 【☆☆☆☆+】

群馬の酒蔵に龍神酒造というところがあり、”尾瀬の雪どけ”シリーズが、代表する酒種としてあるが、今回は一層個性的な”ロゼ・ベリー”をご紹介。

日本吟醸酒協会の紹介文によれば、「吟醸蔵として特定名称酒のみを製造。機械ではなく手作業による伝統の日本酒造りを地元の若手社員のみで行う。最高峰の酒米・兵庫県産山田錦を中心に、雄町・五百万石などの酒造好適米から幻の酒米・愛山まで複数の酒米を用いて、米の個性を引き出す酒造りを目指す」とあり、若い力による創造的な酒造りを目指していることがよくわかる。

商品名:龍神 純米大吟醸 ロゼ・ベリー

アルコール分:10度

原材料名:米・米麹

精米歩合:50%

龍神酒造株式会社

群馬県館林市西本町7-13

ラベルには「赤く色づく酵母チカラのみで発酵させた美しいロゼ色の日本酒です。まるでイチゴを想わせるベリー系のキュートな甘みとヴィヴィットな酸味が特徴です」と説明がある。

見た目も、当然異質だが、目をつぶってこの酒を飲んだら、日本酒と気づく人は殆どいないだろう。まさに、本当のロゼ以上のロゼなのである。何故、お米からこのような酸味と甘みが醸されるのか不思議な限りである。

ロゼワインはもう飲めない!

このお酒は”赤色酵母”といって人工的に突然変異で造られた酵母で、菌体内に赤色 の色素を蓄積するものを使用している。この、赤色酵母は発酵力が弱く、アルコール度数も上がらず、龍神のロゼで10%の度数で仕上がっている。

口当たりのベリーの酸味と甘みに加え適度な発砲感が、飲むペースを進め、おまけに低アルコールとあって、ついつい飲み過ぎてしまう。

芳香ももちろん、口の中の広がりも十分ベリーを堪能できる。果たしてこれが日本酒なのかと錯乱してしまいそうだ。

最近は他の酒造メーカーでもこのロゼタイプのお酒が造られてきているようだが、私が最初に出会った龍神酒造のロゼは本当にお薦めである。

誕生日祝いや、祝賀会等記念すべき日に是非、試してもらいたい逸品である。

中落山芋の半玉乗せ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

・山芋短冊 150g
・マグロ中落 1パック
・温泉卵
・小口ネギ 少々
・もみ海苔 ひとつかみ

・本つゆだし 大さじ5
・ワサビ 小さじ2

最初に卵を半熟に茹で、冷ましておく。
山芋を短冊に切り分け、皿にドーナッツのように盛りつけたら、真ん中にマグロの中落を入れその上に卵(半熟)を落とす。小口ネギともみ海苔を上からかけて出来上がり。

タレは、お好みに応じて適宜かけながら食べると良い。

秋の夜長は日本酒のおつまみに、まったりと❕

愛知の 二兎

日本酒ランク【☆☆☆+】

”二兎を追う者は一兎をも得ず”という言葉があるが、このお酒のラベルには”二兎を追うものしか二兎を得ず”と書いてある。

つまり、二律に背反するような二つのコトガラを最高のバランスの味わいになるように造ったということだそうだ。

徳川家康の故郷にて育まれた、この蔵は風土・歴史 – 丸石醸造株式会社 元禄3年(1690年)に創業。 清酒「三河武士」の商いを始めたそうだ。当然、”徳川家康”と命名された高級酒もここで造られている。

愛知県注目のお酒である。

商品名:純米吟醸 二兎 山田錦五十五 火入

原材料名:米、米こうじ

原料米:山田錦100%使用

精米歩合:55%

アルコール分:16%

丸石醸造株式会社

愛知県岡崎市中町6-3-3

芳醇な果物の甘みと、ほのかな酸味が、口に広がり、二律を求めるバランスに違わない味わいを醸している。

大変、美味しい酒である。

ただ、バランスが良いがためか、少し個性に欠けるかもしれない。しかし、それが飲みやすさと、万人に好まれるタイプのお酒に仕上がっていると感じる。

三河といえば、八丁味噌だが、恐らく主張の強い味噌と喧嘩しないお酒造りというものが、この地方の命題だったのかもしれない。この界隈のお酒は多く知らないが、二兎のバランスの良さから、勝手にそんなことを想像する。

【杜氏と造り手】

酒蔵で働く人々を蔵人といい、蔵の代表者を蔵元、酒造りの責任者を杜氏という

江戸時代からは秋の新米収穫後、冬場に酒を造る『寒造り』が主流となる。米を作る農民には農閑期が格好の出稼ぎの場となり、やがては杜氏集団が形成された。

伝統的な蔵人の役割

1杜氏    酒造責任者 全ての管理を一手に担う

2頭     杜氏から伝達を受け、蔵人の指揮、仕込み水、麹仕込みを担う(三役)

3麹屋    麹用蒸し米等、麹室の一切を仕切る            (三役)

4酛屋    酛立て、醪仕込みを行う                 (三役)

5釜屋    甑蒸し、釜焚き付け、米洗い、米量り、仕込み水汲みを行う

6船頭    酒搾りの上槽を行う

7炭屋    濾過を行う

8道具廻し  酒造用具の管理と洗浄、米洗いや蒸し米取り出しを行う

9追廻し  洗い物、米洗い、水汲みを行う。

しかし近年では、蔵元自身が酒造りと杜氏を兼務したり、役割分担が変化しつつあるようだ。

【全国の杜氏】

青森県 弘前出身の 津軽杜氏

岩手県 三大杜氏の一つで全国最多の杜氏数を誇る 南部杜氏

秋田県 横手市を本拠地とした東北で南部杜氏に次ぐ集団 山内杜氏 

福島県 平成元年に発足した新しい団体 会津杜氏

栃木県 杜氏組合に加盟していない団体 下野杜氏

新潟県 南部杜氏に次いで全国第2位の杜氏集団 長岡出身が多い 越後杜氏

長野県 大正期以降に発足 昭和期に3つ組合 小谷杜氏 諏訪杜氏 飯山杜氏

石川県 珠洲市、内浦町発祥 能登杜氏

福井県 南越前町の 越前糠杜氏 と伏見や愛知半田に出稼ぎした 大野杜氏

兵庫県 全国第三位の規模の 但馬杜氏 の他 丹波杜氏 南但杜氏 城崎杜氏

岡山県 笠岡、浅口等、県南西部の 備中杜氏

広島県 三浦仙三郎氏が発足させた 広島杜氏

島根県 松江市秋鹿で大正初期創立の 出雲杜氏 浜田、周布、益田の石見杜氏

山口県 長門市拠点の 大津杜氏 周南市拠点の 熊毛杜氏

高知県 南国市周辺の 土佐杜氏

愛媛県 今治市の 越智杜氏 伊方半島の 伊方杜氏

福岡県 九州の中心的 柳川杜氏 三潴杜氏 久留米杜氏

佐賀県 肥前杜氏

長崎県 生月杜氏 小値賀杜氏

アスパラの白和え

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

(2人分)

・木綿豆腐 100g

・アスパラ 2本

・人参 50g

・しいたけ 2枚

【調味料】

・味噌 小さじ2

・砂糖 小さじ2

・醤油 小さじ2分の1

・練りゴマ 20g 

木綿豆腐を煮出しして冷ます。

アスパラガス、人参、しいたけは5㎜程の斜め切りをして、軽く湯がきフライパンでから炒めをする。(水分を飛ばす)

調味料を混ぜておく。

アスパラ、人参、しいたけの中に木綿豆腐を裏ごししながら入れる。

ヘラで和えたら、盛り付けて出来上がり❕

日本酒のおつまみにもってこい!!

生酛系のコクのある日本酒で合わせると良い酔い!!

土佐の維新 亀泉

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

土佐といえばカツオ。カツオといえば日本酒。日本酒といえばキレのいい淡麗辛口というイメージがある。しかし、今回はあえてこのイメージと真逆の”濃厚甘口”の亀泉”というお酒をご紹介したい。

創業120年を迎えるこ酒蔵は決して大きな会社ではないが、米と麹菌に特に拘っているそうだ。研究と研鑽を積むこの酒蔵は、土佐の維新といっても過言ではない。

・品名 亀泉 純米吟醸原酒 生酒

・酵母 CEL-24

・アルコール分 14%

・日本酒度 -15

・酸度 1.8

・アミノ酸度 1.1

原材料名 米・米麹

・精米歩合 50%


亀泉酒造株式会社
高知県土佐市出間2123-1

このお酒は、広島県産米の八反錦を50%まで磨き上げ、酒名の由来である高知県で開発された酵母『CEL-24』を使用して醸した純米吟醸生原酒である。

何といっても、日本酒-15という土佐には珍しい、甘口なのが特徴である。

香りは青リンゴの爽やかな吟醸香。そして口に含めば、青リンゴの甘い含み香が広がり、軽い酸味と発泡感が甘みを抑えてバランスを整えている。

原酒にしては低いアルコール度ながら、しっかり感じる酸味とほのかな甘みのバランスは絶妙で、初めて日本酒を飲む人に試してほしい。

一言でいえば、口当たりがソフトな白ワインのようなお酒である。土佐の男臭いイメージとは全く異質な日本酒だと思う。

パスタ、マリネ、アヒージョ、パエリア、ラザニア等、洋食はじめ、肉料理、日本食にもよく合う。

是非お試しあれ!!