館林の ロゼ

日本酒ランク 【☆☆☆☆+】

群馬の酒蔵に龍神酒造というところがあり、”尾瀬の雪どけ”シリーズが、代表する酒種としてあるが、今回は一層個性的な”ロゼ・ベリー”をご紹介。

日本吟醸酒協会の紹介文によれば、「吟醸蔵として特定名称酒のみを製造。機械ではなく手作業による伝統の日本酒造りを地元の若手社員のみで行う。最高峰の酒米・兵庫県産山田錦を中心に、雄町・五百万石などの酒造好適米から幻の酒米・愛山まで複数の酒米を用いて、米の個性を引き出す酒造りを目指す」とあり、若い力による創造的な酒造りを目指していることがよくわかる。

商品名:龍神 純米大吟醸 ロゼ・ベリー

アルコール分:10度

原材料名:米・米麹

精米歩合:50%

龍神酒造株式会社

群馬県館林市西本町7-13

ラベルには「赤く色づく酵母チカラのみで発酵させた美しいロゼ色の日本酒です。まるでイチゴを想わせるベリー系のキュートな甘みとヴィヴィットな酸味が特徴です」と説明がある。

見た目も、当然異質だが、目をつぶってこの酒を飲んだら、日本酒と気づく人は殆どいないだろう。まさに、本当のロゼ以上のロゼなのである。何故、お米からこのような酸味と甘みが醸されるのか不思議な限りである。

ロゼワインはもう飲めない!

このお酒は”赤色酵母”といって人工的に突然変異で造られた酵母で、菌体内に赤色 の色素を蓄積するものを使用している。この、赤色酵母は発酵力が弱く、アルコール度数も上がらず、龍神のロゼで10%の度数で仕上がっている。

口当たりのベリーの酸味と甘みに加え適度な発砲感が、飲むペースを進め、おまけに低アルコールとあって、ついつい飲み過ぎてしまう。

芳香ももちろん、口の中の広がりも十分ベリーを堪能できる。果たしてこれが日本酒なのかと錯乱してしまいそうだ。

最近は他の酒造メーカーでもこのロゼタイプのお酒が造られてきているようだが、私が最初に出会った龍神酒造のロゼは本当にお薦めである。

誕生日祝いや、祝賀会等記念すべき日に是非、試してもらいたい逸品である。

館林の ロゼ” への3件のフィードバック

  1. こんにちは。
    日本酒にもロゼがあるのですね!
    初めて知りましたが、とっても気になります。
    あっという間に飲んでしまいそうではありますが、これは機会があったらぜひ飲んでみたいです。
    もし来年日本に帰られたら飲んでみたいなあ。
    とりあえず来年の帰省用のお買い物リストに入れます♪

    いいね

    1. こんばんは。ALPENKATZEさん
      KATZEはドイツ語で猫なんですね。思わずググりました!

      このロゼは飲んでみる価値有です!本当に美味しいですよ。
      ただ、龍神酒造が販売しているロゼは、新酒が発売される2月頃から売り切れるまでの僅かな期間のため、予めどこかの取り扱い酒店に抑えてもらわいと入手困難です。

      私は飲んだことがないのでコメントできませんが、山形県(有)太田酒店の米鶴スパークリングロゼ や 山口県 酒井酒造の”やまぐち三ツ星セレクション”純米大吟醸華ほのり 等、ロゼを出している蔵もありますから、押さえておいても良いかも。ただし、龍神酒造に比べると若干お高めです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中