能登の名酒 宗玄

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

私の日本酒の原点が、この能登の宗玄である。日本酒の良し悪しが分らない時に、名もないおでん屋さんで勧められて口にしたのが最初だったと記憶がある。

それまで飲んだ日本酒は、鼻につくし、飲んだ後喉を焼くようなイメージが強かった。そして何より翌日に残ることが日本酒を遠ざける理由でもあった。当時まだ、安物洋酒のイメージの強かったニッカのレッドの方がましだと思っていたものだ。

しかし、この宗玄を呑んでから、日本酒に対するイメージが180度変わった。飲みやすく、しかも翌日に残らない。詳しいことは分からなかったが、当時はしばらくこのお酒を好んで飲んだ覚えがある。

最近になって何十年ぶりかに口にしたが、最初感じた大雑把なイメージと違い、このお酒の醸す繊細な味わいを感じることができた。

・商品名 生原酒 宗玄

・原料米:酒造好適米

・ 原材料:米、米麹、醸造アルコール

・アルコール度:19%

・酒度:-7

・精米歩合:65%

・特定名称:本醸造

・宗玄酒造株式会社

・石川県珠洲市宝立町宗玄24-22

もち米を使用した4段仕込み。
搾ったままの濃醇さで高めのアルコール度数だが、甘みと旨味がしっかりしている為度数よりも飲みやすい。
ほのかな甘みと、酸味、そして酒のふくよか味わいに、すっとした締まりがある。このあたりはアル添が良い仕事をしているんのだと思う。

このお酒は、分類的には普通酒となるが、いざ呑んでみれば『特定名称表記』なんて関係ないことが

良くわかる。

ふぐの子糠漬け、海鼠腸、ごり煮、治部煮、ノドグロなどを酒の肴に呑めば幸せ間違いなし!!