気鋭の酒 加茂錦

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

酒どころ新潟の加茂市に明治26年創業している。120年以上の歴史をもつ地元の銘酒としての基盤がある一方、2016年、新ブランドが大ブレイクした。その名も「荷札酒」と言い、ラベルも斬新で印象的である。

造り手は若手(20代)の次期蔵元、田中悠一氏で、いわゆる“理系男子”だったそうだが、「獺祭」や「十四代」に出会って日本酒の味わいに開眼されたという。そこで、酒造りの道を志すことになったそうだ。

「荷札酒」シリーズは、精米歩合50%以下の純米大吟醸が基準モデル。しかも、洗練された出来栄えにもかかわらず、比較的安価でリーズナブルである。

・商品名 荷札酒 無濾過生原酒 純米大吟醸

・原材料 米、米麹

・使用米 山田錦32% 五百万石68%

・精米歩合50%

・アルコール度数 15%

・仲汲み・生囲い

加茂錦酒造株式会社

新潟県加茂市仲町3番3号

上品でふくらみのある香味と甘みと後を引く余韻が印象的である。

フレッシュで心地よい酸味が広がり、やがて口の中にほのかな甘みと深い味わいが残る。そして程よく切れていくバランスのよさは絶妙である。

獺祭や十四代に影響されつつも、独自の味わいを確立されている。私はむしろ加茂錦の方が好きである。

このお酒は密かにブレーク中だということだが、あまり有名になってもらうと入手しずらくなるので、

一ファンんとしてはこれ以上人に知られたくはない。

でも紹介せずにいられない、美味しいお酒である。

魚にも、肉にも、野菜にもあい、和風、洋風、中華等、料理種類問わずマリアージュしやすく、万能

のお酒。是非ご賞味あれ。

豚肉のリンゴ炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・豚肉 300g

・リンゴ 1個 (今回はフジを使用)

・玉ねぎ 半分

・キャベツ 4分の1 千切り

・ニンニク 1片

・生姜(チューブ)大さじ1

・醤油 大さじ2~3

・黒コショウ 少々

・塩コショウ 少々

・オリーブオイル

リンゴはすりおろし、玉ねぎはみじん切り、ニンニクは薄くスライス

・玉ねぎをオリーブオイルで炒めたら一旦皿に移し、次にニンニクを炒める。

・ニンニクも取り置いて、そのフライパンで豚肉を炒める。

・豚肉に少し焦げ目がついたら、たまねぎ、ニンニク、すりおろしリンゴを入れ、生姜、塩コショウ、黒コショウを入れて、良くかき混ぜながら炒める。最後に醤油を入れ味を整え、ある程度水分が飛んだら出来上がり。

・皿に千切りキャベツを敷き、その上に炒めた豚肉等を入れる。

リンゴの酸味、甘みに、醤油、塩コショウ、生姜が絡み、大変美味しい。

おまけに、リンゴで豚肉が柔らかく仕上がる!

辛みの調整はお好みで、醤油、塩コショウで調整できる。

ビールやハイボールのおつまみにも当然合うが、日本酒の発砲度の高い生酒系や白ワインにもよく合う!

リンゴの皮むき、すりおろし以外は手間いらずの簡単男料理 是非お試しを