純米の鏡 雁木

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

 濃厚辛口

雁木の「ひとつび」は生原酒を一度火入れして安定、和水(加水・割水)してアルコール度を下げて非常に飲みやすくした生貯蔵酒である。

美味しいお酒の多い山口県の中でも、一際輝きを放つ、「ひとつび」。

・アルコール分 15~16 

・日本酒度+4 

・酸度1.9 

・使用米山田錦 60%(麹)五百万石 58%(掛) 

・使用酵母協会9号

・八百新酒造株式会社

・山口県岩国市今津町3丁目18-9

口当たりがやわらかく、優しい飲み口でありながら、凝縮した米の旨味や味わい、独特の香りとコクがあり、非常に深いお酒である。

表分布では濃厚辛口に属するが、濃厚で重たい感じは全くなく、むしろスッッ入っていき、味わいを堪能した後ほどなく切れてゆく。

癖がなく、万人に好まれる味でありながら、しっかりとした自己主張もある。まさに高級ブランドが持つアイデンティティを備えている。

このお酒のもう一つの特徴は、どの温度帯でも楽しめるということ。冷やせば、端麗な感じだし、温めれば程よく旨味がます。

どんな料理でも合わせられ、正に万能 IZ 雁木 である。

おまけに非常にリーズナブルとあっては、試さずにはいられない!

純米の鏡 雁木” への2件のフィードバック

  1. 自分のブログで今日は「おでん」を投稿したので、”日本酒とおつまみ”さんだったらどんな日本酒なのかなぁ。。。と思っていました。「雁木」冷やしても、熱燗でも、美味しそうですね♪

    いいね

  2. こんばんは!COCCOCANさん。
    いつもありがとうございます!
    雁木はどのシリーズも美味しいですが、まずは純米 「ひとつび」から試してみて下さい。確か定価2,500円程で、かなり高級感が味わえると思います。
    最初は冷やして、自然にぬるくなり、やがて人肌で。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中