菩提酛 御前酒 

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

以下(ラベル記載の通りに記述)させていただいた。

【延宝五年(1677)ごろに執筆、各地の酒造りを紹介した「童蒙酒造記」によれば寺院で造られた僧坊酒の中でも、嘉吉年間(1441~1444)奈良の菩提山正暦寺で境内の清流によって醸されていた酒はその旨さで天下に名を広めたと記されています。このお酒に使われた酛(酒母)は山号に因んで菩提酛と称し、美酒を造る大切な要因となりました。御前酒・菩提酛にごり酒は、伝承された酒造法を今に現わし、天然乳酸菌由来の乳酸と純粋培養酵母による酒母造りで、古来の味を引き出しました。岡山が誇る酒米・雄町米の濃厚な旨味と共に爽やかな酸味が楽しめるうすにごり酒となっております。】 

・商品名:御前酒純米原酒 菩提酛にごり酒火入れ 

・原料米:雄町米100%

・精米歩合:65%

・原材料名:米、米麹(原料米は全て岡山産)

・アルコール分:17度

・杜氏:辻麻衣子(備中杜氏)

株式会社 辻本店

岡山県真庭市勝山116

1900年代に入って速醸酛が開発され、伝統技法の菩提酛は消えたかと思われていたが、お膝元の奈良はじめわずか数か所の酒蔵に、伝えられ残された。

最初はどぶろくのように、濃厚でコクのあるお酒を想像していたが、最初に感じるほど良い酸味が、濃厚でまったりしたのど越しを和らげ、実に飲みやすいい仕上がりとなっている。絡みつくような、甘味と粘りも抑えられ、本当にバランスの良い最高の仕上がりである。

これは新作のお酒?と思うほど斬新感があり、いにしえからの伝統技法を改めて見直すきっかけとなった!

このお酒は、例えばお膝元の奈良漬けのような少し癖の強いものから、白身の淡白なお魚など和ものに何でも合う。

かといって、牛肉、豚肉、揚げ物など濃いもの、中華、洋物まで何でも合わせられる万能のお酒である!

本当に奥が深いお酒である。

鴨鍋

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・鴨肉(ロース) 170g

・鶏つみれ 16個入り 220g

・くず

・白ネギ(谷田部ネギ)2本

【だし『黄金比 醤油:みりん:酒:昆布だし・1:1:1:15』】

但し、今回はオリジナル比で・・

・昆布 2切れ

・水 1ℓ

・醤油 大さじ3

・本だしつゆ 大さじ4

・みりん 大さじ5

・酒 大さじ4

水に昆布を浸し、鍋に火をかけひと煮立ちする前に昆布を取り出す

そこに醤油、本だしつゆ、みりん、酒を入れる。味は好みで微調整

ネギを火であぶり焦げ目がついたら、だしつゆの中に入れる。

次に、つみれとくずを入れ、最後に鴨肉を入れ、火が通ったら出来上がり。

【こつ】

・だしは、少し薄め位で、具を入れると丁度良い味わいになる

・鴨肉は煮過ぎず、火が通ったらすぐ火を止める

お酒のお供に。そして、ハイボールにも合わせてみて!!

鍋が終わったら、翌日残りだしを使って鴨そばが最高!出来れば鴨肉一切れ残しておくと良い!!

入手困難 而今

日本酒ランク【☆☆☆☆☆】

 辛口濃厚

2004年に登場した「而今」をご紹介。

6代目蔵元杜氏の大西唯克氏は若いころから注目されるスター杜氏で、すべての酒造りの工程で精緻な計算をすることで有名である。この、而今特別純米無濾過生はフルーティな飲み口と、ほのかな甘みや爽やかな酸味が絶妙に調和し、飲み飽きることがない逸品である。

・商品名:而今 特別純米 無濾過生

・原料米: 米麹・山田錦、掛・五百万石
・精米歩合 : 60%
・日本酒度 : ±0
・酸度 : 1.9
・アルコール分 : 16%

・木屋正酒造
・三重県名張市本町 

而今は、十四代を超えたなどと噂になったほど、初めて登場した当初は本当にセンセーショナルな出来事だった。

幻の酒とまで呼ばれる『十四代』はいわゆる吟醸酒の代表格で、クリアで透明感のある美しい味である。

しかし、而今はその透明感に、ほのかなコクや酸味、甘味が加わり奥行きの深い味となっている。

まさしく、今の日本酒つくりの潮流を作った銘柄ではなかろうか。

このシリーズは、この完成度にして定価3,000円程と、大変リーズナブルなのであるが、なんせ手に入れるのが難しい。ほとんどは、有名飲食店などに出回り、個人は抽選予約販売がほとんどである。

しかし、日本酒を飲むなら避けて通れない一本であることは間違いない。

鈴鹿の伏流水に恵まれているとはいえ、何故、この三重県は、而今はじめ作、酒屋八兵衛などの名品が生れるのだろうか?おそらく、絶えない努力を重ねる、酒蔵や杜氏を育む土壌があるのだろう。

牛肉チンゲン菜炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・牛肉 170g

・チンゲン菜 1パック

・にんにく 1片

・塩こしょう 少々

・醤油 少々

・オリーブオイル 少々

フライパンでニンニクのスライスを炒め、香りと焦げ目が出たら、牛肉、チンゲン菜を順に炒め、塩コショウで薄く味付、最後に醤油を鍋肌にさっと落とす。

チンゲン菜のシャキシャキ感と、香ばしい牛肉のバランスが良い。

ビールは勿論、醤油の香ばしさが、日本酒にも合う!

超お手軽おつまみ、お試しあれ!!