気鋭の酒 加茂錦

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

酒どころ新潟の加茂市に明治26年創業している。120年以上の歴史をもつ地元の銘酒としての基盤がある一方、2016年、新ブランドが大ブレイクした。その名も「荷札酒」と言い、ラベルも斬新で印象的である。

造り手は若手(20代)の次期蔵元、田中悠一氏で、いわゆる“理系男子”だったそうだが、「獺祭」や「十四代」に出会って日本酒の味わいに開眼されたという。そこで、酒造りの道を志すことになったそうだ。

「荷札酒」シリーズは、精米歩合50%以下の純米大吟醸が基準モデル。しかも、洗練された出来栄えにもかかわらず、比較的安価でリーズナブルである。

・商品名 荷札酒 無濾過生原酒 純米大吟醸

・原材料 米、米麹

・使用米 山田錦32% 五百万石68%

・精米歩合50%

・アルコール度数 15%

・仲汲み・生囲い

加茂錦酒造株式会社

新潟県加茂市仲町3番3号

上品でふくらみのある香味と甘みと後を引く余韻が印象的である。

フレッシュで心地よい酸味が広がり、やがて口の中にほのかな甘みと深い味わいが残る。そして程よく切れていくバランスのよさは絶妙である。

獺祭や十四代に影響されつつも、独自の味わいを確立されている。私はむしろ加茂錦の方が好きである。

このお酒は密かにブレーク中だということだが、あまり有名になってもらうと入手しずらくなるので、

一ファンんとしてはこれ以上人に知られたくはない。

でも紹介せずにいられない、美味しいお酒である。

魚にも、肉にも、野菜にもあい、和風、洋風、中華等、料理種類問わずマリアージュしやすく、万能

のお酒。是非ご賞味あれ。

豚肉のリンゴ炒め

 【手間ランクA】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・豚肉 300g

・リンゴ 1個 (今回はフジを使用)

・玉ねぎ 半分

・キャベツ 4分の1 千切り

・ニンニク 1片

・生姜(チューブ)大さじ1

・醤油 大さじ2~3

・黒コショウ 少々

・塩コショウ 少々

・オリーブオイル

リンゴはすりおろし、玉ねぎはみじん切り、ニンニクは薄くスライス

・玉ねぎをオリーブオイルで炒めたら一旦皿に移し、次にニンニクを炒める。

・ニンニクも取り置いて、そのフライパンで豚肉を炒める。

・豚肉に少し焦げ目がついたら、たまねぎ、ニンニク、すりおろしリンゴを入れ、生姜、塩コショウ、黒コショウを入れて、良くかき混ぜながら炒める。最後に醤油を入れ味を整え、ある程度水分が飛んだら出来上がり。

・皿に千切りキャベツを敷き、その上に炒めた豚肉等を入れる。

リンゴの酸味、甘みに、醤油、塩コショウ、生姜が絡み、大変美味しい。

おまけに、リンゴで豚肉が柔らかく仕上がる!

辛みの調整はお好みで、醤油、塩コショウで調整できる。

ビールやハイボールのおつまみにも当然合うが、日本酒の発砲度の高い生酒系や白ワインにもよく合う!

リンゴの皮むき、すりおろし以外は手間いらずの簡単男料理 是非お試しを

良いお年を!

年末年始は数年に一度の大雪予報。

どうか、ご無理をなさらずに良いお年をお迎えください!

来年も宜しくお願い致します

孫と遊ぶためにスノーボードを初めて数年。下手なりにようやく面白さが分ってきた。その分課題も増えてきたが、美味しいお酒を呑むために今シーズンは地元のマイナーなゲレンデで練習あるのみ。

能登の名酒 宗玄

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

私の日本酒の原点が、この能登の宗玄である。日本酒の良し悪しが分らない時に、名もないおでん屋さんで勧められて口にしたのが最初だったと記憶がある。

それまで飲んだ日本酒は、鼻につくし、飲んだ後喉を焼くようなイメージが強かった。そして何より翌日に残ることが日本酒を遠ざける理由でもあった。当時まだ、安物洋酒のイメージの強かったニッカのレッドの方がましだと思っていたものだ。

しかし、この宗玄を呑んでから、日本酒に対するイメージが180度変わった。飲みやすく、しかも翌日に残らない。詳しいことは分からなかったが、当時はしばらくこのお酒を好んで飲んだ覚えがある。

最近になって何十年ぶりかに口にしたが、最初感じた大雑把なイメージと違い、このお酒の醸す繊細な味わいを感じることができた。

・商品名 生原酒 宗玄

・原料米:酒造好適米

・ 原材料:米、米麹、醸造アルコール

・アルコール度:19%

・酒度:-7

・精米歩合:65%

・特定名称:本醸造

・宗玄酒造株式会社

・石川県珠洲市宝立町宗玄24-22

もち米を使用した4段仕込み。
搾ったままの濃醇さで高めのアルコール度数だが、甘みと旨味がしっかりしている為度数よりも飲みやすい。
ほのかな甘みと、酸味、そして酒のふくよか味わいに、すっとした締まりがある。このあたりはアル添が良い仕事をしているんのだと思う。

このお酒は、分類的には普通酒となるが、いざ呑んでみれば『特定名称表記』なんて関係ないことが

良くわかる。

ふぐの子糠漬け、海鼠腸、ごり煮、治部煮、ノドグロなどを酒の肴に呑めば幸せ間違いなし!!


サーモンユッケ

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 

・サーモン刺身 4切れ

・卵黄 1個

・きゅうり 3分の1

・サニーレタス 少々

・いりごま(白) 少々

【味付】

・ごま油 大さじ1

・醤油 小さじ1

・みりん 小さじ1

・おろしにんにく 少々

・豆板醤 少々

刺身のサーモン1切れを5,6等分に切り分け

ボールに味付調味料を入れ、サーモンとサッと和える。

サーモンをお皿に盛り付けてから卵黄を上に乗せ、いりごまをかけて出来上がり!

豆板醤の辛みと、みりん、卵黄の甘みが程よい

淡麗辛口でも濃厚甘口でも合う お酒のおつまみに是非!

阿部勘 金魚

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 淡麗辛口

享保元年(1716年)に伊達藩の命により酒造株を譲り受け、塩竈神社への御神酒御用酒屋として酒造りをはじめたのが創業と伝えられている。

『宮城県産米を中心に原料米にこだわり、手間暇を掛けて丁寧な酒造りを心がけているとのこと。酒質は米の旨みがありながら後切れが良い、食べ物を食べながら飲み続けられる食中酒を目標とし、港町塩竈の食材を引き立たせることができるようなお酒でありたい』とういう酒蔵のコンセプトを掲げて日夜努力を重ねられ、近年は真空マイク口波加熱蒸留による焼酎も手掛けられている。

・商品名:阿部勘 純米吟醸 夏酒 金魚ラベル

・原料米:蔵の華(麹)/ササニシキ(掛)

・精米歩合:55%

・日本酒度:+3

・酸度:1.5

・アミノ酸度:1.0

・アルコール度数:15%

・阿部勘酒造株式会社

・宮城県塩竈市西町 3-9

涼しげに金魚が泳ぐ!

実はこの金魚、表から見たら、普通の白いラベル。

でも、後からみたら ”あら不思議!” お酒の中に金魚が浮びあがる

夏酒だけに、暑い時期に公開するつもりが・・

でも、このラベルは見てて飽きない。瓶を揺らせば、金魚がゆらゆら泳ぎ出す!!

阿部勘は他の商品も端麗辛口のすっきりを目指したお酒のようであるが、この夏酒金魚は、本当にすっきりとして飲みやすい。本来の飲み方である、キンキンに冷やして口に入れると、さらに辛口が際立つ。

でも、これをしばらく放置し、常温にしてから飲めば、これまた不思議、非常にまろやかで、優しい味わいに変わり口の中に広がる。

私は、常温で飲む方がこのお酒の良さを引き出し、より美味しい気がする。勿論、食中酒としても抜群で、塩釜であがったお魚を意識し造られたお酒だということが良くわかる。特に淡白な魚に、阿部勘は良い!

絵柄を眺めながら、ゆっくり味って頂きたい。

コンビーフポテト

 手間ランク【A】

おつまみ簡単レシピ

 (2人分)

・コンビーフ 1缶

・ジャガイモ 1個

・塩、コショウ 少々

・パセリ 少々

・ごま油 大さじ2杯

【ポイント】コンビーフは少しカリカリ感が出るまで炒める

ジャガイモを短冊に切り(冷凍ポテトでもOK レンジ3分) レンジ600wで1分半加熱する。

フライパンにコンビーフとごま油を入れてよく炒めたら、ジャガイモ短冊を入れて絡めながら炒める

皿に移してパセリを入れて出来上がり

ごま油は多めが美味しい! マヨネーズはお好みで

簡単手間いらず!ビールのおつまみに!ピッタリ!

さくら色の鮎正宗

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 濃厚甘口

創業は、明治8年(1875年)。初代飯吉彦左衛門が良質の湧き水で
酒を醸したことが始まりだそう。

鮎正宗という酒名は、昭和の初めに当酒蔵に程近く保養地として有名な妙高高原町の赤倉に滞在された京都伏見の若宮博義殿下から、この地で鮎釣りをした際に命名されたという。

妙高赤倉といえば、スキー場の聖地。近くに池の平、杉の原、斑尾など、大規模で広いゲレンデを誇るスキー場が点在する。

・商品名:さくらいろ(SAKURAIRO)純米にごり酒 

・原料米:五百万石(麹)こしいぶき(掛)

・精米歩合:麹58% 掛70%

・日本酒度:-40.0

・酸度:2.0

・アミノ酸度:2.6

・使用酵母:協会赤色酵母

・アルコール度:10%

鮎正宗酒造株式会社

新潟県妙高市大字猿橋636

さらりとした口当たり、柔らかな甘みと酸味が特徴であるアルコールも低く、飲みやすい甘口

何といっても日本酒度-40.0という超甘口が特徴である。でも甘口濃厚にもかかわらず、適度な酸味もあるため思ったほど、くどくない。

食前酒として、お花見の季節は勿論、三月のお雛様、ハロウィン、クリスマス、誕生日会等にもピッタリのお酒。

桜シールが張った新聞をおもむろに剥がせば、桜色に染まった瓶が現れる。

正に”桜色”のにごり酒である。どぶろくのような野暮ったさはなく、お洒落でかつ飲み口も、案外柔らかくくどくない。

食中酒として合わすには難しいかもしれないが、食前酒としてパーティーや記念の行事にはもってこいである。

お酒を飲みなれない女性にも、お薦めの軽めの酒である。

甘鯛の塩焼き

お家で若狭グジを焼こう!

 手間ランク【B】

おつまみ簡単レシピ

・甘鯛 2尾 【若狭ぐじ】

・塩 少し多めに

・日本酒 (菊姫 出来れば山廃が良い)

甘鯛のうろこ、内臓を取り、タッパの中で塩を振って2時間 冷蔵庫で寝かす

『・鱗、内臓はお店でも取ってもらえます。京都の料亭では甘鯛は鱗をつけて焼くみたいですが、そこはお好みで!多分鱗をつけて上手に焼くのは家庭では難しい。(ガスバーナー)等で処理しないと固くて食べずらい』

甘鯛の表、裏に日本酒を塗りながら弱火で焼く。塗りは何度も繰り返す。この手間が大事!

【ワンポイント】酒を塗ることで、自然な照りが出て型崩れもしにくく、旨味が閉じこめふっくら仕上がる!!日本酒は料理酒でも良いが、贅沢に山廃を使う

ふっくら仕上がり、本当に美味しい!日本酒塗りだけでお店の味を再現。

鱗はなくとも、これだけの仕上げりとパリパリ感も出る!おまけに食べやすい

今回は菊姫純米山廃を使ったので、同じ菊姫を呑みながら若狭グジを食らう❕

ブランド若狭グジ(500g以上だけ)を地元スーパーで1尾590円で入手!多分このクラスなら京都の料亭で出てきたときは1万円以上する。

家飲みならではの贅沢である。

首都東京 屋守

日本酒ランク【☆☆☆☆】

 淡麗辛口

東京のお酒。オクノカミ

420年前(1596年)に江戸の神田鎌倉河岸で、初代豊島屋十右衛門が酒屋兼一杯飲み屋の商いを始め、大勢の人びとが集る場として大変繁盛したという。以来、変遷を経て昭和の初期、現在の東京都東村山市に醸造元として豊島屋酒造が設立されている。

酒蔵は地方のイメージが強いのだが、東京にも勿論伝統的な酒蔵がある。流石に江戸の中心部からは少し離れたところに移転されているが、伝統的江戸の酒ということ変わりはない。

商品名:屋守 純米吟醸無調整  仕込み二十三号

原材料名:米・米麹

原料米:広島県産八反錦100%

精米歩合:麹米50%・掛米50%

アルコール分:16度

日本酒度:+2.0

酸度:1.4

豊島屋酒造株式会社

東京都東村山市久米川町3-14-10

全量無調整(無濾過・無加水)、全量ビン貯蔵を行っているため、やはり江戸時代以来の本来の日本酒に拘っているようである。

ほのかな果実の芳香と、一口飲めば優しい味が口に広がる。

全体的に甘みと酸味が抑えられ、すっきりとしたお酒で癖がなく飲みやすい。

ラベルの裏側にあるヤモリがトレードマーク。

屋守(オクノカミ)と呼ぶが、やはり家の守神、ヤモリがネーム語源であろう

コハダやシャコ、アサリや穴子、キンメダイ等東京素材と合わせてほしい!! 

是非、お洒落なラベルと、江戸前の味を!