気鋭の酒 加茂錦

日本酒ランク【☆☆☆☆+】

酒どころ新潟の加茂市に明治26年創業している。120年以上の歴史をもつ地元の銘酒としての基盤がある一方、2016年、新ブランドが大ブレイクした。その名も「荷札酒」と言い、ラベルも斬新で印象的である。

造り手は若手(20代)の次期蔵元、田中悠一氏で、いわゆる“理系男子”だったそうだが、「獺祭」や「十四代」に出会って日本酒の味わいに開眼されたという。そこで、酒造りの道を志すことになったそうだ。

「荷札酒」シリーズは、精米歩合50%以下の純米大吟醸が基準モデル。しかも、洗練された出来栄えにもかかわらず、比較的安価でリーズナブルである。

・商品名 荷札酒 無濾過生原酒 純米大吟醸

・原材料 米、米麹

・使用米 山田錦32% 五百万石68%

・精米歩合50%

・アルコール度数 15%

・仲汲み・生囲い

加茂錦酒造株式会社

新潟県加茂市仲町3番3号

上品でふくらみのある香味と甘みと後を引く余韻が印象的である。

フレッシュで心地よい酸味が広がり、やがて口の中にほのかな甘みと深い味わいが残る。そして程よく切れていくバランスのよさは絶妙である。

獺祭や十四代に影響されつつも、独自の味わいを確立されている。私はむしろ加茂錦の方が好きである。

このお酒は密かにブレーク中だということだが、あまり有名になってもらうと入手しずらくなるので、

一ファンんとしてはこれ以上人に知られたくはない。

でも紹介せずにいられない、美味しいお酒である。

魚にも、肉にも、野菜にもあい、和風、洋風、中華等、料理種類問わずマリアージュしやすく、万能

のお酒。是非ご賞味あれ。

館林の ロゼ

日本酒ランク 【☆☆☆☆+】

群馬の酒蔵に龍神酒造というところがあり、”尾瀬の雪どけ”シリーズが、代表する酒種としてあるが、今回は一層個性的な”ロゼ・ベリー”をご紹介。

日本吟醸酒協会の紹介文によれば、「吟醸蔵として特定名称酒のみを製造。機械ではなく手作業による伝統の日本酒造りを地元の若手社員のみで行う。最高峰の酒米・兵庫県産山田錦を中心に、雄町・五百万石などの酒造好適米から幻の酒米・愛山まで複数の酒米を用いて、米の個性を引き出す酒造りを目指す」とあり、若い力による創造的な酒造りを目指していることがよくわかる。

商品名:龍神 純米大吟醸 ロゼ・ベリー

アルコール分:10度

原材料名:米・米麹

精米歩合:50%

龍神酒造株式会社

群馬県館林市西本町7-13

ラベルには「赤く色づく酵母チカラのみで発酵させた美しいロゼ色の日本酒です。まるでイチゴを想わせるベリー系のキュートな甘みとヴィヴィットな酸味が特徴です」と説明がある。

見た目も、当然異質だが、目をつぶってこの酒を飲んだら、日本酒と気づく人は殆どいないだろう。まさに、本当のロゼ以上のロゼなのである。何故、お米からこのような酸味と甘みが醸されるのか不思議な限りである。

ロゼワインはもう飲めない!

このお酒は”赤色酵母”といって人工的に突然変異で造られた酵母で、菌体内に赤色 の色素を蓄積するものを使用している。この、赤色酵母は発酵力が弱く、アルコール度数も上がらず、龍神のロゼで10%の度数で仕上がっている。

口当たりのベリーの酸味と甘みに加え適度な発砲感が、飲むペースを進め、おまけに低アルコールとあって、ついつい飲み過ぎてしまう。

芳香ももちろん、口の中の広がりも十分ベリーを堪能できる。果たしてこれが日本酒なのかと錯乱してしまいそうだ。

最近は他の酒造メーカーでもこのロゼタイプのお酒が造られてきているようだが、私が最初に出会った龍神酒造のロゼは本当にお薦めである。

誕生日祝いや、祝賀会等記念すべき日に是非、試してもらいたい逸品である。

栃木の 仙禽

お薦めランク【☆☆☆☆】

栃木は日光周辺に大きな山岳地帯があり、酒造りに欠かせない水が豊富である。故に関東でも40近くの酒蔵をかかえる日本酒地域でもある。数ある酒蔵でも一度試してほしいのが仙禽である。さらに仙禽にはモダン、クラッシック、線香花火、カブトムシ等、多々お薦めがあるが、今回はモダンをご紹介

・仙禽 初槽 直汲み あらしぼり

・原材料名 米・米麹

・原料米 ドメーヌさくら・山田錦  ドメーヌさくら・ひとごこち

・精米歩合 麹米40%(山田錦)掛米50%(ひとごこち)

・アルコール分 16度

・仕様 初しぼり直汲み・無濾過生原酒

株式会社 せんきん

栃木県さくら市馬場106

ほのかなバナナ香が印象深いこのお酒。しかしながら口にするとまろやかでスッキリとした味わいが広がり、スイスイと杯が進む。

そして、食中として合わせてもオールマイティに対応してくれる。

一言でいうなら、バランスの良い酒で好き嫌いが少ないタイプだと思う。

ラベルの説明書きによれば、すべての原料米に対してドメーヌ化(栽培から瓶詰めまでの工程を全て一貫して行なう)を行っている。更に仕込み水と同じ水脈上にある田園だけで原料米を作付けするといったこだわりよう。

ワインと同じ考え方で造られた日本酒(ドメーヌ)は数少なく、あえて純米大吟醸は名乗っていない。

山口の秀逸 東洋美人

お薦めランク【☆☆☆☆☆】

山口県はいい酒蔵が多い。特にお薦めがコスパに優れ味も勝った日本酒東洋美人であろう。あえて純米大吟醸は名乗っていないが、スペックは純米大吟醸なのにお値段はお手頃。特にこのおりがらみ生は、とても飲みやすくお酒を口にしたことがない女性に是非呑んで欲しい一品である。

・原材料 米、米麹

・精米歩合   麹40%、掛50%

・アルコール分

・アルコール分   16%

株式会社澄川酒造場

山口県萩市大字中小川611

洋ナシやメロンのようなほのかな芳香と、柔らかい口当たりが杯を進める。

爽やかなフレッシュ感が口に広がり、程よい酸と甘みがふくよかな味を演出している。

本当に飲みやすく、ついつい飲み過ぎてしまう魔?(天使)のお酒だと思う。

4代目・澄川宜史社長は、20代半ばの若さで経営者自らが酒造りの最前線に立つ蔵元杜氏となり、今の酒造り潮流の最先端を行く一人である。「若き天才杜氏」と評されるほど酒造りの技術を磨き上げ全国に名を轟かせている。

お酒が苦手という先入観のある人は、おそらく価値観が変わるであろう。

九州で出合った横山五十

お薦めランク【☆☆☆☆☆】

日本酒は雪深い、北陸や東北が王道だと思っていた!

しかし実は日本各地で美味しい酒が造られていた。知らないだけのことで

その最たる場所が・・ 焼酎王国だと思っていた九州にあった!!
芋焼酎は鹿児島、米焼酎は熊本、麦焼酎は大分 ならば九州北部は何?

先ずは長崎県の日本酒をご紹介 しかも壱岐で造られているのである。

それは横山五十
 純米吟醸 山田錦 新酒しぼりたて直汲み生
 
山田錦100%50%16度 横山太三
 重家酒造横山蔵S 長崎県壱岐市石田町

九州イコール焼酎の概念が崩れた一品である。

マスカットのジューシーな芳香に、

口に含むと落ち着いた甘味が広がり、最後はキレのある飲み飽きしない味わい

どんどんお酒がすすみます。

白ワインを飲む感覚で、おつまみを合わせて頂ければ間違いない!